葬儀のお返し

お葬式に関するマナーは、宗教が関わってくるのでとても難しいです。特に香典返しは、どのようなマナーなのか分からなくなることが多々あります。この香典返しとは、葬儀や通夜で香典を頂いた方にお礼として送る品物のことです。香典返しには、色々な決まりがあります。たとえば、香典返しを贈る時期は一般的に忌明けの頃に贈るという決まりがあります。忌明けとは、故人が亡くなってから49日目のことです。その他にも、香典返しの金額にも決まりがあります。それは、頂いた香典の半額、つまり半返しにしなければいけません。あまりにも高いものを贈ると、相手に気を使わせるからです。また、贈る品物についても、頂いた金額に応じていくつかの品物を用意します。そして、それぞれの金額に合ったものをお返しする必要があります。

香典返しとして一般的に選ばれる品物は、あとに残らないものがいいとされています。というのも、再び不幸が繰り返さないように、消えて無くなるものが良いと考えられているからです。近年、香典返しに人気の贈り物は、石鹸、洗剤の詰合せ、お茶、お菓子・海苔などが好まれます。その他にも、ハンカチ、タオルなども人気です。これらの品物はもらっても迷惑にならないので、どの家庭でも喜ばれます。また、企業などの団体への香典返しとしては、みんなで分けられる菓子類やジュース、コーヒーなどが人気です。また、ここ最近の傾向としては、香典返しとしてカタログギフトも人気です。相手に好きな品物を選んでもらえるので、非常に重宝されています。